映画ジョーカーを観て【バッドマンを知らなくてよかった!】

この記事は約1分で読めます。

去年、話題になった映画『ジョーカー』をNetflixで観ました

 

“ジョーカー“と聞いても

「バッドマンに出てくる悪役」との知識しかなく(そのバッドマンもよく知らない)

流行っているのは知っていましたが、アメコミのスピンオフを劇場まで行って観る気がしませんでした

 

Netflixで配信されたし、まあ観てみるかと軽い気持ちで観たら

ずいぶんと重たい話で……よく出来たヒューマン・ドラマでした

 

自己啓発本の中には

「夢を叶える近道は、夢が叶った自分を思い描くこと」

「夢が叶ったようにふるまうこと」

などと書かれていたりしますが

 

厳しすぎる現実の中、描いた夢は妄想し続けるしかなくなり、やがて狂気となってしまうのかも……

 

行きづらさや犯した罪全てを育った環境や社会のせいにするのは反対ですが

もし私が実写化された他の“ジョーカー“を観たり

ゴッドサム・シテイが架空の町だと織り込み済みだったら

こうもこの映画にのめり込まなかったと思います

 

一日一善 黒甘酒
エンタメ
スポンサーリンク
こばゆきをフォローする
無理せず、楽しく、ゆるゆると

コメント