Netflix 映画『ザ・ランドロマット―パナマ文書流出―』

この記事は約2分で読めます。

自粛期間中はNetflixとアマゾンプライムには大変お世話になりました

 

この時期、多くの人が観たであろう感染症の映画『コンテイジョン』と同じ、

スティーブン・ソダーバーグ監督の作品

 

『ザ・ランドロマット』を観終わった感想です

 

 

まずこの題名『ランドロマット』ってコインランドリーのことなんですよね

つまり資金洗浄の意味で使われていて、映画の内容そのままなんです

 

こばゆき
こばゆき

パナマ文書流出って、聞いたことあるけど、なんだったっけ?

って感じで映画を観始めました

結構複雑、そしてコメディーっぽく作られてるけど、あまり笑えない……

 

最後に出演者の一人が熱弁振るうのですが、硬派な映画なんだとわかります

 

ただこの最後に語る役者さん、最初っから変装がバレバレで、

逆にこの人がキーマンなのがわかっちゃうんですよ……

製作サイドは隠す気ないのかもですが

『トッツイー』に出てくるダスティン・ホフマンみたいな感じでした

(おっ! クレイマー・クレイマーつながり!)

 

観終わった後に改めて『パナマ文書』を調べて

いかに大きな事件だったかがわかりました

 

日本企業もいくつも名前が上がっていますが、

報道に忖度が働いていたのか、私がぼーっと生きているのか

あまり記憶にありませんでした

 

この映画、ちょっとだけグロいシーンがあります

 

「法輪功」って言葉を聞いただけで嫌な予感はしたんですが……

 

ああ……やっぱり……

 

music.jp

 

エンタメ
スポンサーリンク
こばゆきをフォローする
無理せず、楽しく、ゆるゆると

コメント