大学費用は親が負担すべきか? 子供がすべきか?

この記事は約3分で読めます。

 

先日のNewsweek日本版にこんな見出しの記事が載っていました

 

日本は事実上の「学生ローン」を貸与型の「奨学金」と呼ぶのをやめるべき

 

日本人は奨学金と呼んでいるが、給付型のスカラシップではないのだから、

「貸与型の奨学金」は「学生ローン」だと、学生にわかりやすく表記しろ

ということのようです

 

なるほど

 

名前だけだと返済義務のあるローンだとはわからずに、安易に「奨学金」を申し込んでしまうというわけなんですね

 

この記事内には、学費の返済に苦しむ若者の話が出てきますが

この手の話がでると

 

どうして、金もないのに大学へ行くんだ。教育は贅沢品なのに

 

親はなんで助けてあげないのかしら? 借金背負って子供が困ることなんて最初っからわかっているのに……

 

 

とのごもっともな意見が聞こえてきます

 

母子家庭の我が家の子供2人も大学を卒業し、今は社会人ですが

 

なぜ、貧乏人のくせに子供2人を大学へ入れたか……

 

それは私が行かせたかったからです

 

私が高卒で学歴コンプレックスがあるものですから

「子供には絶対、大学を卒業させるんだ」と、強い思いをずっと持っていました

 

それが働く原動力でした

余計な物を買ったりせず、貯蓄・投資に励んできました

 

 

こばゆき
こばゆき

若い頃「今どき高卒なんて中卒と変わりない」と言われたことがあって、結構傷ついたことがあるんです……

 

 

私が「大学を卒業させる」と望んだので、学費は当然私が出しました

 

実家住まいですから、生活費は掛からないけど、お小遣いまでは渡せなかったので

2人ともバイトを頑張ってくれました

高校はバイトが禁止だったので、娘たちのバイトデビューは大学生からです

 

こばゆき
こばゆき

2人とも家の近くでバイトしていたので、働く姿が見られて嬉しかった!

 

表題の「大学費用は親が負担するべきか、子供が負担するべきか」の話に戻りますが

 

我が家のように親が「大学に行ってもらいたい」と思うなら親が負担すべきだと思うんですが

 

親は行ってもらいたくない

(行かせられない)けど、

子供が大学に進学したいという場合

 

この場合は借金背負ってでも、子供が学費負担するのはしょうがないのかなと思うんです

 

やりたいって思った方が負担するのは当たり前なんだし

 

それでもローンを組む前に

大卒の初任給(うまく就職できれば)はこれぐらいで

卒業したら月々の返済がこれだけかかる

それを何年間続けなければならない

 

こういう話を親は子供に、絶対に教えてあげるべきだと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金
スポンサーリンク
こばゆきをフォローする
無理せず、楽しく、ゆるゆると

コメント